フラッパーゲートとは

未分類

フラッパーゲートとは

フラッパーゲートとも呼ばれる、自動改札機に似た形状のセキュリティゲートです。フラップと呼ばれる板状の部品が、本体側の軸を中心に回転することで通行を制御します。本体をコンパクトに設計できるため、設置スペースを抑えることができます。乗り越え困難なハイフラップやフラップ保持力の高い製品もあるため、高いセキュリティ性が求められる場面でも対応可能です。

フラッパーゲートは、ICカードや生体認証などの認証システムや入退室履歴管理システムとともに用いられるのが一般的です。

フラッパーゲート(セキュリティゲート)とは、入退室管理や入場制限の機能を持ち、部外者の不正侵入を防止する役割を担う機器の一種です。

フラッパーゲートのメーカーや取扱い企業、製品情報、ランキングをまとめています。イプロスは、ものづくり・都市まちづくり・医薬食品技術における情報を集めた国内最大級の技術データベースサイトです。

セキュリティゲートは、フラップが回転するタイプ(フラップタイプ)と、2枚のパネルがスライドするタイプ(スライドパネルタイプ)に大きく分けることができます。 フラッパーゲートとも呼ばれる、自動改札機に似た形状のセキュリティゲートです。 フラップと呼ばれる板状の部品が、本体側の軸を中心に回転することで通行を制御します。

フラッパーゲートの通路数や通路幅(標準、車いす対応)をお客様のご要望に合わせてカスタマイズ可能です。

2枚のスライドパネルが通路に対して垂直方向に駆動するタイプです。こじ開けに対して強い保持力を有するため、フラップタイプよりも高いセキュリティ性を発揮し通行者への圧迫感を抑えることができます。

フラッパーゲートは、入退室管理や入場制限を可能とし、部外者の不正侵入を防止することができるセキュリティシステムです。 確実な入退室履歴を残すためには全ての人が確実に認証を行う必要がありますが、現状は、「伴連れ」などにより入退室履歴にズレが生じるケースが多々見受けられます。

外観は曲線を基調としたすっきりしたデザインとなっているため、空港以外にもオフィスビルや研究所、工場等の出入り口に最適です。また、ゲート通過時の「はさまれ」を考慮し、柔らかいフラップを採用致しました。これにより、はさまれ時の衝撃を低減され、お年寄りや小さなお子様の通行時の安心感・安全性をより向上させました。バリアフリーの物も多く、車いすにも対応出来ており、道幅が広くした物も最近増えて来ています。

自社のセキュリティ対策としてフラッパーゲートに興味を持たれている方は、ぜひご一読ください。

その理由は何か、そもそもフラッパーゲートにはどのような機能があり、何ができるのかについてまとめました。

1.入口・出口ゲートは一方通行です。 ご利用のお客様に、通路から進んでいただきます。
2.お客様が入口認証機・出口認証精算機を操作すると、前扉が開き、後扉が閉じます。お客様が通過すると、前扉が閉じ、後扉が開きます。
3.お客様が通過すると、前扉が閉じ、後扉が開きます。
4.続いて、次のお客様が進入可能になります。
最近では駅や美術館以外にも、混雑や本の盗難対策のために図書館等にも設置されています。図書館でのフラッバーゲートの仕組みは本にセンサーチップが組み込まれている場合もあり、無許可で持ち出す等の万引き対策も出来ています。

2枚のスライドパネルが通路に対して垂直方向に駆動するタイプです。こじ開けに対して強い保持力を有するため、フラップタイプよりも高いセキュリティ性を発揮します。床上高さ1,200㎜のフラップを選択いただくと、通行者への圧迫感を抑えることができます。

フラッパーゲートの設置場所で床のハツリや床工事ができない場合、アンカーボルト設置がいらない専用通路版でフラッパーゲート設置が可能です。

フラッパーゲートには、以下の2種類があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました