フラッパーとは

未分類

フラッパーとは

フラッパーゲートは、従来セキュリティ管理として用いられてきた扉の認証システムの欠点を補います。

しかし、物理的に1人ずつをチェックするためには、フラッパーゲートのような物理的な機器が必要です。

その理由は何か、そもそもフラッパーゲートにはどのような機能があり、何ができるのかについてまとめました。

フラッパーゲートは開放感もあり、人の流れが分かりやすくなるため、セキュリティラインも形成可能。

車用のゲートやイベント関連のフラッパーゲートに強いという特徴があります。

フラッパーゲートを導入することにより、物理的に館内のセキュリティ強化が図れます。

フラッパーゲートはこのようなケースを防止し、より確実に入退室管理を行うことでセキュリティを高める効果が。

日本の駅務機器メーカーのひとつである株式会社高見沢サイバネティックス。フラッパーゲートはフラップ式を提供しています。

フラッパーゲートは、ICカードや生体認証などの認証システムや入退室履歴管理システムとともに用いられるのが一般的です。

従来からセキュリティ対策として利用されてきたフラッパーゲート。2020年から導入企業が増えていると言います。

フラッパーゲートは、警備員の配備が不要となりコストダウンにもつながります。

フラッパーゲートを導入する場合は、入退室管理システムも視野に入れて、自社に必要な機能を見極めた上で導入を検討しましょう。

フラッパーゲート導入のメリットは、主に以下の4点です。

フラッパーゲートは、従来のセキュリティ管理に加えて、感染管理にも役立つ機器として注目を集めています。

上の例のように、フラッパーゲート単体での導入よりも、入退室管理システムと併せて導入することで、セキュリティ強化と業務効率化を同時に実現できるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました